akiraの男旅〜ナンパのすゝめ〜

男の成功はナンパと共にあり。旅とナンパとビジネスのハイブリッドブログです。出張・旅先におけるナンパの記録とビジネス・社会生活に応用できるナンパのススメ(男旅ブログ改名復刻)

香港旅⑩マカオ編 ジンジャーレモンコーラと成功旅行社

香港旅行は3日目に突入。

 
MK酒店のベッドで目を覚ました小生、香港から逃げ出したい気持ちに駆られていた。
 
というのも、どうにも不衛生なバスルームでシャワーを浴びる気になれず、心のどこかで寛げない思いを捨てきれずに夜をすごしたからである。
 
 
「早くマカオのサウナとやらでゆっくりラグジュアリーなひとときを過ごしたいぜ…」
 
というわけで早々にマカオへ向かう事にした。
 
 
 
ホテルをチェックアウトして香港島側へ渡る。
中環(セントラル)駅で下車し、一旦地上へ。
なぜ地上へ出たかというと、やっぱり多少の通常観光はしておこうと思ったから。
 
IMG_2016
 
昼間のランカイフォンを散歩。
エスカレーターで文武廟を見に行ったのだが、雨が降ってきたので早々に切り上げ。
 
IMG_2018
 

時刻は午前11時半。少し早いが、シンガポールチキンライスの店があったので入ってみる事にする。
小生、チキンライスに目がないので…
 
FullSizeRender
 

IMG_2021
 
出てきたのがこれ。うん、美味い。付け合わせのスープも本当にありがたい。
香港は住環境は良くないけど、食に関しては本当にいける。
もうちょっとちゃんとしたホテルに泊まればこの度はもっと良いものになったのかもしれない。連れ込みへのモチベーションも高まったはずだし、安心してシャワーを浴びられるバスルームがあれば体力の回復度合いも違っただろう。
 
あと、ジンジャーレモンコーラなるものがメニューに書いてあったのだが、注文して出てきたのがこれ。
 
てっきりジンジャーエール+コーラにレモンの輪切りが入っているものと勘違いして注文したら、「温めたコーラに生姜がこれでもかと入っている未知との遭遇」をプレゼントされた。
 
外はかなりの蒸し暑さで、バックパックを背負っての町歩きで喉はカラカラ。
冷えた炭酸を期待したところにこれである。
 
熱い。喉が熱くなるほどに効いたショウガ。
あれだ、風邪ひいたときに飲むと一発で治るやつ。
 
慣れると美味い。しかし心の準備のもとに飲みたかった。
どんなに美味な飲み物でも、今求めてるものと正反対のものが出てきたら受け入れるのに時間かかりますって。
 
会計は92HK$(訳1,400円)
うん、安くはないけど満足。
 
IMG_2019
 
需要があるかわからないけどこのお店。
翠華餐廟?ここは自分が個人的にまた行きたいご思ったので備忘録を兼ねて載せておく。バブリーな内装と低すぎるソファが玉に瑕だけど美味しかった。
 
そのまま15分ほど歩いてフェリーターミナルへ。
途中、日本人の女子2人(大阪から来たらしい)を見つけてサクッと声かけしLINEを交換する。
マカオへ向かうのかと思ったら道に迷って歩いていただけらしい。彼女らの目的地は全くの逆方向だった。
毎度思うけど、これだけGPS技術が発達している世の中でどうして女性は道に迷うのだろうか?まあ迷える女性を導くのも海外ナンパ紳士の大事な存在意義なのだけれど。
この旅行中は旅程が被らなさそうなのでスルーしておいた。
 
 
 
地下道を通ってマカオフェリーターミナルへ。
九龍側からでもマカオへ渡るフェリーターミナルはあるのだが、わざわざこちらに来たのは「サウナのクーポンをゲットする」というミッションがあり、どのサウナに行くかギリギリまで悩んでいたから。
 
マカオのサウナは、健全な男性諸君はもちろんご存知かと思うが世界一の風俗とも言われるエロスポット。
 
日本のスーパー銭湯にソープが付いているものという感じだろうか?ただそれだけではなく、マカオのサウナの見所は美女が100人くらいステージにズラーっと並ぶ「ショータイム」にある。
 
見て選べる親切設計なだけではなく、その異常性が男性なら一度は見ておくべき「エロ世界遺産」に勝手に認定したくなる絶景である。
 
と、ここまで書いてみたものの、私は今回がマカオサウナ念願の初体験なので適当な事は言えない。全てはネットに数々のマカオエロサウナ情報をアップしてくれた先達の方々によってもたらされた知識である。
 
で、サウナクーポンとは「香港からマカオへの往復のフェリーチケットとエロサウナの入場券(基本プレイ料金を含む)」がセットになったお得なチケットで、フェリーターミナルの4F(出発フロア)に数ある「旅行社」で購入できる。
 
だいたい割引は往復のフェリーチケット代くらいだが、300hk$(約5,000円)くらい安くなるのでバカにはできない。
 
はじめターミナル内で場所がなかなか見つけられず困惑したが、理由は店構えが「堂々としすぎてたから」
 
仮にも風俗のチケットを売る店である。
それがこんな一般人や子供も往き交い、単にショッピングモールとしての機能も持っているターミナル内のメインストリートに堂々とエロい看板を出して鎮座しているとは思うまい。
 
http://hk-underground.blog.jp/macaumacau_saunaマカオのサウナチケット購入のキホン〜成功旅行社の場合〜
 
こちらのサイトを参考にさせて頂いた。
振り返ったらあった。
 
 
で、今回は悩みに悩んだ末「リオスパ」を選択した。
「サウナ」ではなく「スパ」とつくところは他にも「イーストスパ」などいくつかあるが、業態に変わりはない。ただ高級路線らしい。
 
結果的に追加料金の取られない1番低いランクの女性にお相手してもらったが、会計はおよそ3,000HK$(約45,000円)だったので、�香港における本番セックス6回分�の値段である。
(ただ、12時間滞在+飲食自由+入浴代込みなので宿泊費+2食付きと考えればコスパは悪くはない)
 
他を当たれば有名どころでも1,800HK$くらいからあったので、予算の自由度は高い。
 
しかし今回は、何軒もはしごをしたりする余裕がないことと、そう頻繁にエロ海外ツアーに来れる身分ではないことから、設備も豪華でトップクラスの高級店であるリオに行く事に決めた。
 
チケットを購入し、いざフェリーへ。
IMG_2033
 
50分間の船旅は、外を眺めていれば退屈しない。
けっこう揺れるのでちょっと酔ったが、窓の外にはベトナムハロン湾のような奇岩が作る美しい景色が広がっている。
それにちょっとウトウトすれば50分はあっという間に過ぎていく。
 
マカオではギャンブルと風俗、男の欲望にまみれた旅行になりそうである。
 
(つづく)
 

 

海外風俗安心ガイド マカオ (C’s Mook 73)

海外風俗安心ガイド マカオ (C’s Mook 73)