akiraの男旅〜ナンパのすゝめ〜 再始動

男の成功はナンパと共にあり。旅とナンパとビジネスのハイブリッドブログです。出張・旅先におけるナンパの記録とビジネス・社会生活に応用できるナンパのススメ(男旅ブログ改名復刻)

大分出張2021_コロナ禍で別府のソープ街はどうなった?

こんばんはアキラです。

フィリピン留学記の途中ではありますが、先日大分に出張に行く機会がありまして。

私が出張すると言えば漏れ無くナンパ・風俗がついて回ると言うことで。

こういうのはある程度速報性も大事ですしね。(とは言え、仕事の関係もあるのでちょっとだけ間を開けています)

というのは建前で。

私のブログのトップ記事、なぜか大分のソープに行ったときの記事なんですよね。

 

そんな訳で、需要があるということもありますし、実際に大分に行ってきたのは去年の11月になりますが、東京から大分へコロナ禍の真っ只中に出張した時の感想を書いていければと思っています。

初日ソープ、1泊2日の予定だったのを無理やり延泊して2泊3日に変更してナンパしてきました。

 

 

 

本編の前に(風俗前の男のリサーチ)

www.akira-bbworm.work

さて、この記事が当ブログの現トップアクセス記事だと述べましたけれども、ストリートナンパとか男の旅行記よりも、風俗のレポート記事の方が世の中検索されるということでしょうか。ワンチャン、男同士で九州行こうぜってなったときの参考に読まれてる説もなくはないですが。

その気持ちもわからなくはありません。何せシティヘブンが日本のウェブサイトの閲覧ランキング上位に入ってくるくらいですし。(私もヘビーユーザーです)

実際高いお金を払ってたまの楽しみのために風俗に行くともなれば、入念なリサーチをするのが当たり前。

ただ、風俗専門のレビューサイトみたいなところは正直玉石混合で、「本物」かどうかを見極める選球眼が必要なので結構大変な作業だと思っています。

 

実際、世の中にある公式の口コミサイトの類というのは検閲が入っていたりすることが殆どですし、風俗の口コミに関しては口コミ割とかが適用されたりもするので、ますます難しいですよね。実際、風俗のレビュー見て「豚が出てきた」とか「塩接客だった」みたいなことが書かれてるところは殆どありません。

一方で「爆サイ」とかには一転褒めちぎるどころか散々な言われようだったり落差が激しすぎるので、風俗に新規で行くこと自体相当なギャンブルになっている現状があります。

 

ただ、それでも男は吟味に吟味を重ねる。。。

 

そして吟味を重ねた挙句に地雷を踏むとこう思う訳です。

 

風俗は選んでる時がピーク

by akira

 

今やダウンロードが主流ですが、TSUTAYAの18禁コーナーでAV選んでる時も同じです。

 

 

そんなこんなですが、私のブログは別にどこかからお金をもらっているわけじゃありませんし、風俗のレビューについても気まぐれに自分が行ったお店だけする、と言うスタイルなのでどこにも忖度せず本当に私の感想だけをお伝えしています。

 

風俗に特化していないからこそ出せる差別化ポイントなのかもしれないですね。

というわけで、情報の量は風俗レビュー専門のサイトには遠く及びませんが、何かのきっかけでご覧いただいた方は一応品質は保証した上でご覧いただけると幸いです。あくまで個人の感想ですけど。

 

それでは本編スタート

 

別府ソープ街の今

 

1泊2日の強行スケジュールで大分出張に行った私。(のちに延泊)

こちらの記事はソープに行ってきた話の方なので、出張に行った理由ですとか、大分市内の様子を綴った記事については、後日アップ予定の記事をご覧いただけると幸いです。

なので、こっちのタイトルはシンプルに別府のソープ街がどうなってたかと言う所と、私の行ってきたこちらのお店についてだけ書いていきたいと思います。

 

 

 

お仕事で大分に降り立った私。在宅での勤務を終えてから自宅を出たので大分空港に着いたのが18時を回っていました。

 

大分空港から大分市内で行くには空港から出ているシャトルバスに乗るしかありません。(鉄道は通っていない)

 

f:id:akirans:20220525232935j:image

 

大分市内にホテルを取る予定だったのですが、大分のビジネスホテルが全く空いてなかったんですよね。

この理由は翌日何となくですが推察できました。コロナの影響下で、中国や韓国からアクセスの良くインバウンドで潤っていた大分市内のホテルは、一時的に営業を休止しているところが多くありましたのでこの影響かと思われます。

高いシティホテルしか空いてなかったんですよねー。

www.cityspatenku.jp

このてんくうSPAには興味あったんですけど、予算外だったので行けず。完全プライベートなら奮発したかもしれませんが、1万円超えちゃうと領収書が落ちないので。

 

さて、別府市外にバスから降り立つと…

 

f:id:akirans:20220524215957j:image
f:id:akirans:20220524220002j:image
f:id:akirans:20220524215954j:image

 

人いねえ

 

ちらほら歩いてはいますが、まじで閑古鳥が泣いている状態。


f:id:akirans:20220524215946j:image

 

公衆浴場ぽいのも見かけて、営業しているし旅情を誘うのですが、全然人がいません。

 

居酒屋みたいなとこの店内を覗くと、多少はお客さんいますが閉まっている店も多く、最悪コンビニ食で済ませることになりそうかと思っていましたが…


f:id:akirans:20220524215928j:image

お世話になったスーパーホテル別府。新しい、設備良し、接客良し、受付嬢良し。👍


f:id:akirans:20220524215931j:image

 

行ってみたい…

ぶらぶら歩いていて、営業していそうだった居酒屋へ。


f:id:akirans:20220524215934j:image

 

なんとか空いていた居酒屋で刺身定食。関サバ・関アジが有名みたいですが、このお店には置いてなかった。

食後はソープ街の方へと、GoogleMapを頼りに歩いて行きます。

前回訪れた時は車移動だったので、別府の市街地を歩くのは初めて。


f:id:akirans:20220524215938j:image

商店街もがらん。


f:id:akirans:20220524215943j:image

商店街抜けてもがらん。


f:id:akirans:20220524220000j:image

 

歓楽街ついてもがらんでした。

 

いや〜^^;

 

ヤッベェぞ

 

 

f:id:akirans:20220525233809j:image

 

何がヤバイって、シティヘブンを羽田空港で、フライト中に、シャトルバスで、居酒屋で食い入るように読み漁っていた時から薄々感じていたのですが

 

出勤している女の子の数が明らかに少ない

 

即ヒメ2人とかの表示のとこが多く、全体的な出勤数も4人とかそんくらい。

悪い予感がしつつも向かったのは・・・

 

f:id:akirans:20220525234059j:image

おねだり本店大分

(おかわり来店です)

https://www.cityheaven.net/oita/A4403/A440301/onedari_ooita/

 

え?

 

ブロガーとして、滅多にいかない出張先で

 

過去と同じ店に?

 

やる気あるんですか?

 

SEO対策してますか?

 

いや

 

だって

 

ここ良かったんだもん。(シンプル)

 

あと、前回体験できなかった廃人コースにチャレンジしてみたくて。

(枯れ果てるまでシゴかれるらしい)

 

ただ、時刻は既に9時を回っており、不安が的中。

 

懐かしさを覚えながら門戸を叩き、「今から行けますか?」と店員さんに尋ねると

 

あーすみません、今日はもう予約のお客様以外は終了してますね」

 

あぁ

 

無常。

 

わざわざ近所のスーパーマルショクで300円もする高級なフリスクを一気喰いしてきたのに。

 

というわけで、私は泣く泣くおねだりさんへのリピートを諦め、別のソープに行く事にしました。

 

今回お世話になったお店(Mooニング娘。)

 

第二候補だったのはここ

 

f:id:akirans:20220528132934p:image

 

https://www.cityheaven.net/oita/A4403/A440301/mooningmusume/

 

Mooニング娘さんですね。

 

こちらのお店、ネットの店名とかそういう商標権の発生しそうな場面に対しては

「Mooニング娘」という店名で営業してますが

 

店舗の看板はガッツリそのまんまやんけ。

 

というのがツッコミどころ。

 

なんというかこの日は「若い女の子を抱きたい!」という気分が昂揚してまして、色々検索して吟味した結果、若い女の子が集まってそうなここに決めました。

直前で電話して、今から行けますか?と聞いたところすぐにOK

 

「すぐに入れる子はいますか?」

 

「今だと1人だけなんですよね」

 

そう、即ヒメに出てきている子が1人だけだったので、フリーで入ってもハズレなし実質指名と踏んだ。

 

「その子って○○さんって子ですか?」

 

「あー、名前言っちゃうと指名ってことになっちゃいますよ」

 

あ、信頼できるタイプの店員さんや

 

ということで店員さんのご厚意により、実質指名なのにフリー料金で通して貰えました。

 

ご対面するとそこにいたのは・・・

 

 

マジもんのギャルやないか

 

 

いや、

 

うん、

 

ただ

 

よく見るとアラサーっぽくはあるな。

 

でも、2000年代くらいのギャルっぽさがある感じで

これぞ地方のヤンキーって感じ。

 

この表現が一番しっくりきます。

 

 

決して↑みたいな最近の量産型女子大生っぽい感じじゃなくて

 

 

これこれ。AV女優のmarin.的な感じ

(ギャルみを足した大塚愛です)

 

ていうかこの店

 

店名とコンセプトに嘘がねえな

 

と思いました。

勝手にモーニング娘。=「平成の若い女の子ぽい感じ」と解釈するとそうなります。

 

で、入浴。

気持ちい。

 

別府に来て温泉に浸からずにただの浴槽に浸かってる私は何しに来てるんでしょうか。

 

別府に対する冒涜ですね。

 

ただ、日中仕事してから羽田空港行って、大分まで飛んで、バスで別府に夜着のスケジュールだったもんで疲れていたのか風呂が超気持ちいい。

浴槽から溢れるくらいたぷたぷのお湯に浸かると、首が頭の重さか解放されるんでじんわり疲労が癒されるなーと。

 

で、嬢と会話してて、普通にいい子なんですが

 

嬢は入らんのかい

 

ソープといったら、女の子と一緒に湯船にインしてあれやこれや・・・っての期待するじゃないですか。

ただ、浴槽の中で受けるサービスは今回はなく、満足したら湯船から上がるよう支持されベッドの上へ。

 

マットプレイとかはコースの関係でないみたいですね。

んで、少々の前戯ののちにIN。

 

すげえ高速騎乗位ピストン

 

 

いや、

 

なんていうか、好きな人は好きだと思いますし

 

彼女めっちゃスタイル良くてスレンダーなんで、こっちの腰が痛くなることもないし

 

 

テクニック的にはプロの技なんでしょうけど。

もうちょっとねっとり系が好みな私としてはスローダウンいただきたく

 

「あの、、、もうちょっとゆっくりが良いかも」

 

とリクエストしたら

 

「えー、逆にゆっくりとか動き方わからん!」

 

と元気よく言われました。

 

そのまま果てました

 

「早いな!」とケタケタ笑われましたが

 

「そっちが速いんじゃ」

 

と突っ込んでおきました。

 

ただ、時短というわけではなく、2回戦付き合ってくれましたんで、サービス地雷とかいうわけじゃなくて彼女なりにきちんとお仕事してくれてる結果なんですね。

 

嬢とは色々別府の現状についてお伺いしたんですが、やはり客足は遠のいているそう。

 

「女の子も今は結構辞めちゃってるね。福岡の方行ったりとか、出稼ぎ行って稼ぐとかしないと全然お客さん来んからね」

 

と仰っておりました。外国人については

 

「んーうちは元々外国人NGにしとったけん、あんまわからんな」

 

とのこと。

街に活気がないのは、普段の別府を知らぬ私には比較ができないのですが、国内移動だけでも緩和されて別府が廃れて行かないと良いなあと思った私でした。

 

過去、鬼怒川とかも訪れてガチの廃墟になった巨大ホテルとかを見て来ている分、別府もそんなことにはならないでほしいと思います。

夜遊びだけじゃなくて、地獄めぐりは本当に見応えあったし、食べ物も美味しいし。

 

短時間で2回戦した後、ホテルへ戻る。

 

宿泊したスーパーホテル別府駅前には、立派な天然温泉大浴場もありましたが、結局夜は入らず朝風呂だけ利用しました。(めっちゃ良いお湯でした)

 

部屋には最新のプロジェクターでVODが見れる機材もついておりまして

 

 

アダルティーなのをこれで見たらさぞかし気持ちよかろうと思いましたが、既にリアルで対戦しているのでここは敬意を払って

 

思い出しオ●ニーしました

(夜と朝起きてから1回ずつな)

 

 

さて、起きると秋晴れ快晴。

この日は気温も20度越えで、11月ですがコートを持って来なかった私でもスーツだけで快適に過ごせました。

f:id:akirans:20220524215949j:image
f:id:akirans:20220524215951j:image

 

いや、普通に良いとこですね。

完全テレワーク勤務の会社に就職できたりしたら、リゾートマンション買って暮らしても楽しいかもなんて思えちゃいます。

 

観光業がメイン産業の別府はコロナ禍で打撃を受けていたものの、粘り強く営業はされていました。

 

ここから特急に乗り、一路私は大分でお仕事に向かいます。。。

 

つづく